ゆる~くこだわれ~yuruyurara’s blog~

興味あれこれ、基本どんより。ゆる~いこだわり雑記です

新聞は本当に不要?

あたしには難しい事は良く分かりませんが~

健やかな頃の林家こん平さんじゃないですけど、

そんな前置きをした上で、

新聞の事を語りたくなってしまった記事です。

gendai.ismedia.jp

新聞は不要か

記事の感想 

新聞て、そんなに要らないものなんですか?

私はこの紙の束、必要だと思っているのですが。

正直、記事自体に関しては、

首を傾げてしまうところが多かったです。

まっとうなジャーナリズムの危機

と言われても、はぁそうなんですねぇと、

死んだ目で相槌打つしかないじゃんと思いました。

いい歳してなんですが、政治とかに関して、

あんまりわからないですし。

マスコミ関係ではない私にとってみると、

新聞て、もっと身近で生活に根差した物なんです。

新聞を読まない日々で気付いた事

大学入学を機に実家を離れ、

最初の頃、新聞のない生活を送っていました。

当時はまだ、インターネットがこれ程身近ではない時代。

子供の頃から新聞はあるのが当然だったので、

その日のニュースやテレビ番組の情報が分からないのは、

どうにも気持ち悪く感じました。

些細な事かも知れませんが、自分にとってこれは重要で、

手元に新聞があれば、

好きなタイミングで新鮮な情報を手に入れる事が出来る

と気付くきっかけでした。

買いに行くストレス

我慢ならなくなり、

コンビニなんかで調達するようになりましたが、

毎日買いに行くのが地味にストレスになりました、

特に休日は。

それと、自分が知らない周囲のお店なんかの情報、

広告が入っていないのもつまらなかったです。

少し経ってから、結局自分で電話番号調べて、

新聞を配達してもらうようになりました。

家に運ばれてくる情報

沢山の情報が詰まった紙を、玄関先まで運んできてくれる。

これって、凄く有難い事です。

貧乏学生に数千円は痛い出費でしたが、

背に腹は代えられないとつくづく思い知らされました。

f:id:yuruyurara:20181224000804j:plain

新聞は世界を広げてくれる

PCやスマホのニュース

大人になり、PCスマホでのニュース

見ないわけではありません。

ただ、それらは大概見出しのみを最初に提示され、

熱量の差はあれど読もうという明確な意思の下

選択、クリックしないと自分の目に入らない情報なんですよね。

そこが、なんだか面白みに欠けると感じていて。

偶然視覚に飛び込む情報

新聞は、とりあえず、あの大きい紙を広げると、

自分が意図していなかった情報も

一緒に目に入ってくる

そこで、おや?と思って読んでみる、

みたいな偶発的な出会いが多く、

新たな興味が湧いたりして、

世界の広がりがあるのがいい

というのが昔から変わらない持論です。

この事に関しては以前、こちらでも書いています。 

yuruyurablog.hatenablog.jp

 

とみいさんの、こちらを読ませて頂いた事も、

今回の記事を書くきっかけの一つでした。

博学な方でいつも勉強させて頂いております。

tomii23.hatenablog.com

 

新聞の手軽さ

私の新聞の読み方 

新聞を読む時、最初にささっと目を通し、

中で、気になったり、ゆっくり読みたい記事は

真ん中の折り目からそのページごと破ってしまいます。

小さくたたんでバックに入れても、

軽くてかさばらないので、

電車の中とか、外出先で時間が出来た時にはうってつけです。

しかも、読み終わればすぐに捨てる事が出来ます

旅のお供におすすめ

私は一人旅が好きなのですが、

その際、最初は荷物になりますが、

ある程度、溜めておいた新聞の、

書籍紹介ページを持って出掛けます。

電車の中、ビール片手に次々読むと

飲みながら書店をぶらぶらするよう

で至福の時を味わえます。

紙としての利用も可能

又、読み終わった物は前述の通り、

処分出来るので、身軽になれますし、

単なる紙として利用が出来るというメリットもあります。

ずっと履いていると、だるくなるので、

靴を脱いで新聞の上に足を置く

これ、お行儀悪いですけど、とっても楽です(笑)

それから、床に直置きしたくない荷物の下にも敷ける。

なんやかや言ってしまいましたが、

私にはやはり、新聞は必要です。